So-net無料ブログ作成
診療日記 ブログトップ
前の10件 | -

大豪邸 [診療日記]

4月2日(月)くもり

 今日の午後の訪問はすごく余裕があるはずだったが、1件遠方の方が急患になってしまいあわただしいスタートになってしまった。午前の外来診療中に訪問の準備をし、診療後すぐに診療室を飛び出した。
 近くを流れる神田川沿いの桜は満開と言うのに、曇り空で少し肌寒い。何て盛り上がらないんだ。1件目のAさんのお宅は大豪邸。庭も立派で四季折々に楽しめるようになっている。僕はいつものようにお庭を横切り、大きな玄関ドアの横にあるインターフォンを押した。「ピンポン、ピンポン、ピンポン、ピンポン」と4回音がしたが、中から何の反応もない。20秒、30秒。さすがにおかしい。もう一度押してみた。同じよう音がするが反応がない。少し不安になってきた。たしかに大豪邸だからなぁ。到着してから3分ほど、もう一度押してみる。まあ、これでダメなら今日は帰るか。それにしてもAさんのお宅に来るため慌しくなったのに、と思うと少し腹も立ってきた。そしてもう一度インターフォンのボタンを押す。すると、
「はい、どちらさまでしょうか」
と他人行儀な声。
「訪問歯科の五島です」
と告げると特に返事もなく反応もなくなった。それから1分ほど、何の反応もなかった。「どうなってるんだ!」と思いもう一度インターフォンのボタンを押す。同じように
「はい、どちらさまでしょうか」
「訪問歯科の五島です」
そして反応なし。かれこれ10分近く立たされっぱなし。だんだん腹も立ってきて「もう帰ろうか」と決意した瞬間、塀の外から
「どちら様?」
という声。驚いてうしろを振り返ると、奥様が外出から戻られたようだった。
「まぁ、先生、ごめんなさい」
と言われて勝手口の方に向かっていかれた。家の中から奥様が高齢の女性のお手伝いさんを叱咤する声。事情がいろいろ分かってきた。きっとお手伝いさんは僕が来ることを知らされておらず、ドアを開けるかどうか思案していたのだろう。
 Aさんの入れ歯の処置をして無事終了。さぁ、次の方まで急げ~!あと5分しかない。今日は早く出たのに何でこうなっちゃったんだ。そう思うとまた少し腹が立ってきた。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

猛暑到来 [診療日記]

8月7日(月)
 午前中の診療を終え、準備を終えて一歩外に出て感じた。夏が来た!ついに来た!自転車置き場に向かい一歩ずつ足を踏み出すたびに汗が一粒づつ浮き出す感じがした。自転車置き場で荷物を積むとすぐにサングラスに換えいざ出発。すでにあせびっしょり。
 1件目は僕たちの自宅そばのAさん。以前から時々、歯の根っこが残っている所が痛くなる。今回も今朝お電話があり急行した。いつものようにお薬を歯ぐきに塗るだけなのだが、ご家族にも「そろそろ抜いたほうが・・・」とお伝えした。最後に保険証の確認をさせていただくと、2割負担だったものが秋から3割に変更になると書いてある。単純に医療費が1.5倍になる。これは、と思い、先ほどの発言を訂正し「秋までに抜きましょう!」。なんて下世話な話だ。
 2件目は先日奥歯を抜いたBさん。傷口はキレイになっていたが問題発生!今度は別の歯を抜いて欲しいとのこと。実は病気のせいで歯並びがどんどん乱れ、舌に当たってしまうのだ。そんな状況だから抜いた後、入れ歯を作れるかどうか不安。Bさんの前で「う~ん」と考えていると、「考えて」とBさん。結局次回歯を抜くことにした。決意はしたが、やっぱり不安。
 いったん自宅に戻り、自転車を置いて電車で3件目のCさん。家の前では大きなタオルで顔面を拭き呼び鈴を鳴らした。飲み込みのチェックをしているのだが、ここの所ずっと喉にたんがたまっていてさえない。今日は聴診器持参で登場、ずっと聞きながらチェックをした。最初はきれいな音だったが、一口ゼリーを食べるとむせてしまい、タンの音が「ガーガー」。結局周囲をマッサージして終わり。
 4件目のDさんはむし歯予防のフッ素を塗布して終了、5件目のEさんは仮歯を作った。
 全部が終わったのは6時過ぎ。汗を多くかいたせいで疲労困憊。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

山男 [診療日記]

6月14日(水)
 もう、梅雨に入ってしまい爽やかな青空を期待できなくなってしまった。それでも雨が降らない曇り空というだけで感謝。
 1件目のAさんは90歳を前にしておられるが、骨がしっかりしていてとにかく太い。学生時代山岳部としてならし、鍛え上げた身体はさすがである。現在、下の総入れ歯の調整中であるが、どうやら調子は良さそう。噛み合わせのチェックをして終了。奥様に「Aさんはこれほど骨がしっかりしているのに歯がなくなったのは残念ですね」と声をかけた。すると、「戦争中に全部やられたんです。南方にいるときは兵糧攻めで1ヶ月ほとんど食事をしないでいたんだそうで、最後は靴下の毛糸も食べたようですよ。」と奥様。穏やかに微笑むAさんが偉大に見えた。
 2件目はBさん。口の機能が低下してしまい唇を上の歯でかんでしまう。うまい方法がなくて困ってしまうが、今日はゴム質の材料でカバーを作ることにチャレンジ。ところが、なかなかうまくいかず次回再チャレンジすることになった。何か良い方法はないものか。
 いったん戻ってから3件目のCさん。以前入れた入れ歯が少しゆるくなったとのこと。今度息子さんと同居するために遠方へ引っ越す予定もあるため、もう1つ新しい入れ歯を作ることにした。「引っ越した先にも先生のような方いるかしら・・・」と。
 次は初診のDさん。予定より10分前に到着すると娘さんが「まだヘルパーさんと散歩に行ってるんですよ」とのこと。娘さんに状況をうかがいながら書類を作成しDさんを待った。すると、時報が早いか、Dさんが早いかといったタイミングで予定通りの時間にご帰宅。そのまま椅子に座って頂き診療開始。DさんはAさんと同時代に別の大学の山岳部としてご活躍だった。やはり足腰の強さと骨太な印象が強い。入れ歯を押さえている歯が取れてしまったので僕が呼ばれたのだ。このような修理は得意分野。数分で修理を終えるとDさんも娘さんも満足顔。
 5件目、6件目と口腔ケアを行い、7件目はEさん。結構遠方になる。時間前に訪問してマッサージの方とぶつかったことがあるので定刻少し過ぎにうかがった。チャイムを鳴らしてもいつものような反応がない。まあ、中での介護が大変なのかと思い、ゆっくり玄関の方へ向かったとき、中から見慣れない若者が出てきた。訪問歯科であることを告げると「父は入院しています」。最初は遠方まで来てキャンセルだったのがショックだったが、やはり体調を崩す方が多いのが残念になった。
 8件目は入れ歯の型どりをしたFさん。いったん帰ってGさんの入れ歯の調整を行い終了。長い1日だったが、雨に降られず感謝。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

がっくり [診療日記]

6月5日(月)
 月曜日から爽やかな天気になった。梅雨入りが少し遅くなったようでうれしい限りだ。1件目は結構遠方のAさん。午前中の外来終了後、とにかく出発。天気はよいがさほど汗ばむこともない。本当に訪問日よりだ。途中で昼食をとってAさん宅へ。
 Aさんは上下総入れ歯であり、以前下の入れ歯がゆるくなって調整をした。それからは調子よく使っておられる。Aさんは普段一人暮らしであるが、週に何日か娘さんが来られ、僕はその日に訪問している。明治生まれのAさんは今日も絶好調。「よう来てくれましたね。調子いいわよ。」という言葉をさえぎるように娘さんが「「うそぉ、さっき痛いっていてたじゃないの。」と。もちろん、そろそろ痛みが出る頃だと察して久々の訪問。入れ歯を調整して終了。
 次のBさんはちょっと困ったことになっている。今年の初め、下の部分入れ歯を作ったのだが、支えている歯が次々と折れてしまい、支える所がなくなってしまい、すごくゆるい入れ歯になっている。今日は折れてしまった歯を抜く予定で訪問した。Bさんの第一声「ゆるいのよ!」。一応入れ歯を調整したが限界はある。Bさんに早く抜く歯は抜いて新しく入れ歯を作ることをお話して2本の歯を抜いた。
 3件目のCさんは先日上の総入れ歯を入れたばかり。お宅に伺うと訪問看護師の方も待っていてくださり、入れ歯のご報告。「痛みはあまりないようですよ。発音や飲み込みもよくなりました。」なかなかの評価にウンウンと聞いていると、「でも食べる時ははずしています。」と聞いてガクッ!まあ、早く慣れてもらいましょう。
 いったん診療室に戻り、Bさんのところで使った器具を置いてDさんのところへ。Dさんは下の総入れ歯が痛いときもあるというので訪問した。実はDさん、ある有名会社の社長を勤められた方だが、気さくでとても楽しい。入れ歯を調整していると「目もいい、耳もいい、鼻もいい、歯と頭がダメなんだよ。」などと冗談を飛ばす。僕も「入れ歯に会社のマークでも彫っておきましょうか」と冗談を言うと、「いや、うちの家紋のほうがいい。皆に見せてまわる。」と切り返しをくらった。
 夕方5時も回り、自宅に自転車を置いて電車で移動。以前はご自宅で拝見していたEさん、今度は有料老人ホームに入居されたとのことでそちらへ訪問することになった。そちらのホームでご主人と待ち合わせ。遅れないよう急いで家を出た。電車で20分ほどであるが何せラッシュに引っかかってしまった。満員電車で大荷物は結構きつい。電車を降りて徒歩15分。初めて降りた駅であったが迷うことなく到着。
 受付で面会の手続きを済ませ、「Eさんのご主人は来られていますか?」と確認すると受付の方が、「あれ、ご主人もう帰られましたよ」と。最初何の意味か分からなかった。結局ご家族がおられないので治療は出来ず、そのまま帰ってきた。ご主人に電話すると「あぁ、今日でしたか。」と冷静な声。がっくり。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:健康

講義の前後 [診療日記]

5月23日(火)
 今日は午後から歯科衛生士科の講義があった。約1年ぶりの教壇であるが、ここから秋まで毎週のように続く。まあ、最初から遅刻するわけにはいかないので午前中の外来の予約も控えめにして余裕で診療室を出た。今日は、見学ということで歯科衛生士の佐藤さんと一緒に出発。
 講義は「ボランティア活動論」。もちろんボランティアといっても難しいわけではないし、彼女たちの人生のよい選択肢の一つになってほしいと思っている。とは言え・・・いまどきの学生である。茶髪に見せパン当たり前、授業中にふらっと教室を出ていく学生まで。教員の先生方の苦労がしのばれる。
 授業後、大学にいたときからひいきにしていたラーメン屋へ。テレビや雑誌で評価されるほどの所であるが、こちらも1年ぶりに行ったせいか少し味が変わった気もする。期待が大きすぎたかな。その後大学に戻って図書館へ。大学入学当初から利用し、一時は「五島は図書館の本を全部知っている」とまで友人に言われたほど通いつめた場所。あと1週間で新しい建物に移転するらしい。感慨深く歩き回って必要な資料をコピーしてきた。
 夕方診療室に戻り自転車でAさんのもとへ訪問。いつもは口腔ケアのみで終わるのだが、調子のよかった入れ歯を支える歯が折れてしまったとのこと。応急処置はしたが、次回から新しい入れ歯を作ることにした。Aさんのお宅を出ようとしたとき、外来診療できている奥様が「私の入れ歯は痛くて・・・」。実は先日、生まれて初めての入れ歯を入れたばかり。すぐに直すことになった。するとAさん、大笑い。「お前もか!」並みの笑顔だった。奥様の診療も終え終了。帰路は再び雨。早くやまないと梅雨になっちゃう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康

そっちかい!!! [診療日記]

5月22日(月)
 朝から少し雲がかかっていたが午後には晴天となり、訪問診療に出発する頃には少し暑くなっていた。サングラスを装着して出発。今日は1件目のAさんがとても遠方だったので2件の予定。自転車を走らせていると5月の気持ちよさを体感できた。少し早めに現地に着いたので喫茶店で20分ほど時間をつぶしてAさんのお宅に。
 Aさんのお宅のベルを鳴らすと声がして「遅かったわ!」と第一声。時間通りなのになぜと思ったら数日前から調子が悪く、今日の診療日を待っていたとのこと。Aさんの下の入れ歯は左右2本の前歯に針金をかけて安定させる構造になっているのだが、その2本ともが折れてしまってぶかぶかしていたらしい。さっそく入れ歯のほうにプラスチックを盛り足し、歯の形にした。10分ほどの作業が終わり、口の中に入れていただくと、「今はいいんだけど食べないと分からないのよ。」とおっしゃる。そこでテーブル上に置いてあったおせんべいを食べていただくことに。しかし、いつものように良い音がしない。すごくつらそうな顔をされているので「痛いですか?」と尋ねると、「ん・・・、しっけてる。」そっちかい! Aさんはぺっとゴミ箱にせんべいを吐き捨て、その横にあった袋に入っているせんべいの封を開けて一口。再び口元を見つめる僕に「あぁ、これは良いわ。」と好感触。僕も緊張感が少し解け、ほっとしているとAさんがもう一言。「こっちはしっけてない。」ってそっちかい!!! Aさんはいたって冷静におせんべいを食べてらっしゃる。そしてすべてを食べきって「大丈夫みたい。」ようやく僕もほっとした。ただ、今度から新しい入れ歯を作るようお約束して家を出た。
 2件目は初診のBさん。今日は訪問看護師さんと時間の約束をしていたのだが、ぎりぎりになってしまった。Bさんは、近隣にご家族がおられるが、日中は一人暮らしをされており、大変しっかりされている。入れ歯の調整でうかがったがずれが大きく、今の入れ歯の修理という形で作り直すことになった。最初は緊張されていたようだが、早くに亡くされた配偶者のことやアパートの管理のことなどの話になると一杯お話していただいた。次回からも楽しみ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

晴れのち嵐のち・・・ [診療日記]

5月20日(土)
 朝は久々に爽快な青空。あ~、やっと五月晴れだ。土曜日は一日中外来診療日。診療室で朝の準備をしていると一本の電話。Aさんのご家族からだ。以前から痛みのあった歯が痛くて眠れなかったとのこと。今日の外来診療後に訪問することをお約束した。
 午前中は五月晴れ全開。診療室の窓を全部開けても汗が出るほどだった。午後の診療が始まりちょっと窓を見るとなんと真っ暗。一瞬、何かの間違いかと思ったくらいに真っ暗だった。そして雨がポツリポツリ。ほどなく嵐のように雨が突き刺さる音。診療しながら「Aさんちにどうやっていくんだよ~」と頭の中によぎった。夕方の診療後、訪問の用意をしていると雨が小降りになり、出発する頃には雨はあがり心地よい涼しい風が拭いてきた。ラッキー!実はAさんのお宅は自転車で訪問をする中では遠方に位置している。自転車で飛ばして約0分後、すでに7時を回っていた。
 Aさんは病気のため手足が自由に動かない。以前から痛みがあったため、抜くことも検討していたが、病気のことも考慮して薬などで対応していた。ご家族とAさんとご相談し、今日は歯を抜くことにした。現場はご本人と奥様、お手伝いさんお二人。僕の出す歯を抜く器具に興味深々だった。痛みのあるのは前歯で、特に難しいものではないが、抜いた後に血が止まるかどうかが不安だった。麻酔をしてから歯を抜くまでの10分間、妙な緊張感があったが無事終了。痛みの源が取れたことで現場に歓喜が起こった。その後僕のお渡ししたお薬を家政婦さんがトンカチでたたき、お湯で溶かして胃ろうで注入した。緊張のためか1本の抜歯で僕の中に安堵感が広がった。
 帰りは気分よく自転車を飛ばした。そこへ雨が一粒。やべ~、急げ~!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

お若いはずです! [診療日記]

5月19日(金)
あまり天気がよくない日が続いているが、どうやら雨には降られないですむようだった。外来診療は時間通りに終わった。しかし、1件目のAさんのお宅への訪問時間までに昼食をとるほどの時間もなく、逆に中途半端に空いてしまった。Aさんにお電話をして早めに訪問するとお伝えした。
 Aさんは高齢にもかかわらず一人暮らし。しかもヘルパーなどの介護支援もなく自立されている。基本的には足腰が弱くなってきて外出するのは困難であるが、自宅ではゆっくりした歩みながら動いておられる。実はAさん、以前から下の歯が大きく揺れていていつ抜けてもおかしくない状態だった。生活に支障がないということだったので様子を見ていたが、ついに抜けてしまったとのこと。もちろん痛みなどもなく問題はなさそうであった。来月から入れ歯を作ることにした。それにしてもAさん、本当にお元気である。「年は90だけど気持ちは70歳のままなの。」と。お若いはずです。
 次のBさんは定期的に入れ歯の調整を行なっている。今日は2ヶ月ぶりの訪問であった。さっそくBさん、「最近少しゆるくなったみたい」。もちろん想定の範囲内。いつものように少し入れ歯を強くする処置を作戦通りに実行。あっという間に出来上がった。今日は順調である。
 3件目のCさんは現在新しい入れ歯を作っているのだが、古い方の入れ歯の歯が取れてしまったのだ。さっそく修理。こちらも手際よく進み、修理完了。
 雨も降らずに今日は順調。時計を見るとまだ3時、しかも・・・今日の予定は3人だけ。終わりだ~!結局自宅に直帰して休日気分を満喫した。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

泰然自若 [診療日記]

5月14日(日)
 朝から少し曇りがかった天気であったが、最近のことを考えると雨が降っていないだけOKという感じ。外に出てみると意外と気持ちよく、爽快な気分だった。いったん自転車で診療室に行き、診療道具を持ち帰って自宅に戻り、JRで1件目のAさんのお宅に向かった。
 Aさんは何度か左下の奥歯が痛くなり訪問をしている。そのたびに抗生物質を歯ぐきの中に入れ、噛み合わせの調整をしているのだが、先日お電話をいただいたご家族によると痛くはないけれど、歯がすごく揺れているとのこと。「もう限界か?」と考え、一応歯を抜く器具も持参した。90歳を超えているAさんはとても元気。お部屋に入ると、「いやいや先生、いつもすいませんねぇ。」とご挨拶。さっそくお口の中を拝見すると、例の左下の奥歯の揺れは以前よりもひどくなっている。いつものような処置をするか、抜くか考えていると「抜きますか?」とAさん。今後のことも考え、今日抜くことを決断。Aさんは「ほ~、抜きますか。これまでも何本も抜いているので大丈夫です。」これぞ泰然自若。麻酔をして抜歯。スムーズにことが進んだ。
 Aさんのお宅から少し歩いて私鉄でBさんのお宅へ。Bさんは以前入れ歯の調整、修理、そして製作としていた方だ。部分入れ歯の針金が壊れてしまったということで久々の訪問。お宅へうかがと、Bさんがパジャマ姿ながら元気に迎えてくださった。Bさんの針金はその場で修理することが出来ず、以前使っていた入れ歯を修正することにした。こちらの入れ歯も以前訪問していた時にちゃんと修正していたので、歯ぐきにあたる部分にプラスチックを付け足すことで調子よくなった。
 Bさんのお宅から電車を乗り継いでCさん宅へ。Cさんは総入れ歯が少し当たって痛いとのこと。クッション性のあるゴムを歯ぐきと当たる面に貼り付けるかどうか考えていると、ご家族の方から「どうぞやってください」と。決してリスクのある方法ではないが、衛生面や耐久性に問題があることを伝えてゴムを貼った。するとCさん「すごくソフトになりました」と笑顔。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

大きな力 [診療日記]

5月12日(金)
 最近は食べる障害の方を訪問するケースが増えてきているが、歯科衛生士の佐藤さんの力がついてきて本当にありがたい。
 1件目のAさんは大変お元気なのだが、飲み込むことだけできない障害がある。食べたいという意欲、周囲の筋力、発声、姿勢、どれも及第点。最後に残ったのは飲み込むことだけ。今日も佐藤さんに口腔ケアをしてもらい、ご家族にご用意いただいたゼリーを1口。一生懸命に飲み込んでいただくが、どうしても食道の方に入っていかない。見ている僕たちも思わず力んでしまう。今後の方針を考え、次回から佐藤さんにも協力してもらってリハビリを進めていくことに。秋にはAさんたちと近くのすっぽん屋でお食事することをお約束した。責任重大!
 Bさんも飲み込みの訓練をしている。日頃は佐藤さんにやってもらっており、僕は1ヶ月の訪問だった。佐藤さんの口腔ケアに続きゼリーを飲む姿を見てみたら・・・これまで見たことがないほどゴクゴク。成果が出ているのは本当にうれしい。
 ここで佐藤さんと分かれてCさん宅へ。今まで入れ歯があわずに歯のない状態でお食事されていた方で、今月入れ歯を入れた方だ。おうかがいするとご家族が、「この人、入れ歯つけて食べてるんだよ!」。一瞬、調子悪いのかと思ってドキッとしたが、表情はにこやか。調子も良いようだった。
 いったん診療室に戻り、電車でDさん宅へ。入れ歯の調子は大分良くなっていて微調整にて終了。そこからバスでEさん宅へ。病気のため姿勢が上手く保てないEさんの新しい入れ歯を作っている。多少は苦労したが無事終了。診療室に戻ったのは20時前だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康
前の10件 | - 診療日記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。